肌荒れのときは普段の生活リズムや食事内容を見直しましょう。

私は元々自分の顔周りが脂っぽい事で悩んでいたのですが、大学のサークル旅行の際に普段使用している化粧水や洗顔料を持ってくるのが恥ずかしかったので数日間水洗顔のみで保湿一切なし、そして大学生特有の徹夜三昧という今考えると肌荒れ一直線の生活を送っていました。

旅行から帰宅した際、明らかに普段より肌の赤みが増して乾燥しており、痒みを我慢できずにゴシゴシ擦って顔から瘡蓋のようなものがポロポロと剥がれ落ちるようになってしまいました。この時は就職活動とも時期が重なるタイミングでもあり、人に会いたくないくらい酷い肌荒れでとても精神的に参ってしまいました。

肌荒れが酷くなってからはまず皮膚科を受診して処方された軟膏を肌に塗っていましたが、軟膏が無くなって塗るのをやめるとすぐに赤みと痒みがぶり返すようになり、根本的な解決にはならないと確信して肌に良いとされるものを片っ端から実践していきました。その中で明確に効果があったと思えるものは、こまめな水分補給と刺激物の飲食を控える事の2つです。

まず水分補給に関してですが、これは当時の1日の水分摂取量が約400~800mlととても少なかったため、体に水分がとても足りていなかったと考えられます。意識してこまめに水分を補給するようにしたら肌がガサガサになる頻度がとても減りました。次に刺激物の飲食についてですが、当時はコーヒーと辛いスナック菓子を好んで食べていたので胃腸が荒れやすく、それが顔にも表れていたのだと考えられます。しばらく控えると明らかに肌荒れの改善が見られました。

私が購入したい化粧品は、ナチュリエのハトムギ保湿ジェルです。自分に合う化粧水や乳液がなかなか見つからずに色々調べていた時に偶然目に入ったのがこの保湿ジェルでした。化粧水だけでは肌が乾燥するのに乳液を塗ると顔がとてもテカテカとして荒れてしまうしまうのでとても困っていたのですが、乳液の代わりにこの保湿ジェルを塗るようにしてからは肌が極端に脂っぽくなったり荒れる頻度がとても減りました。酷い肌荒れになった時から現在までずっとこの保湿ジェルを愛用しています。

コメントは受け付けていません。